1. =33
  2. =33
  3. トゥロン

トゥロン

ナイフ&フォーク

おいしい!フィリピン名物バナナの春巻き

フィリピンには様々なおいしいスイーツがあります。
暑い地域なので、体力を保持するためにも甘いスイーツを頂くことは健康維持にもつながると考えられています。
ハロハロなどの冷たいスイーツがフィリピンを代表するスイーツですが、バナナの春巻きも非常においしいです。

フィリピンに行くとたくさんの屋台を見かけますが、この屋台でよく売られているのがトゥロンと呼ばれるおやつです。
トゥロンはフィリピンではおなじみのおやつ的な食べ物で、バナナを春巻きの皮で包み、それを油であげたものです。

材料はもちろんバナナと春巻きの皮ですが、バナナはフィリピン産バナナ、ちょっと小ぶりで普通のバナナよりも平べったいイメージがあります。
短めであまり曲がっていないバナナ、といえばイメージがわくでしょうか。
これは料理用バナナでフィリピンでは調理用としてよく利用されるのです。

ナイフ&フォーク

トゥロンを作ってみよう

フィリピン産バナナと春巻きの皮、それに三温糖とジャンクフルーツを用意します。
最近はスーパーでジャンクフルーツも料理用のフィリピン産バナナも売られていることが多くなってきました。
日本で頂くバナナよりも、料理用のバナナは硬いバナナです。
縦半分にバナナをきり、ジャンクフルーツもバナナより少し小さめに切ります。

バナナに三温糖をたっぷりまぶして、その間にジャンクフルーツを入れて春巻きの皮の上にのせます。
春巻きの皮でジャンクフルーツをサンドしたバナナを包んだらさらに三温糖をまぶして熱した油の中に入れます。

上げている間も、油の中に三温糖を足します。
日本ではちょっと考えられないような砂糖の量ですが、フィピリンという気温の高い国で暮らす人たちには、多くのカロリーが必要となるので、昔からこうして砂糖を一杯摂取してきたのでしょう。
きつね色になったら出来上がりです。

トゥロンを食べてみよう

アツアツのトゥロンを真ん中で切ってみると、バナナが少し柔らかくなり、ジャンクフルーツもおいしそうにトロリとしています。
ねっとりしているのか?と思いきや、食べてみるとバナナというよりもお芋といったイメージの触感です。
ほくほくしていてとても甘くなっています。
バナナの風味、でもお芋の触感、ジャンクフルーツがいいアクセントになっています。

この調理用バナナは、通常のバナナよりも甘みが少ないので、こうして食べると甘みが増して非常においしく感じます。
フィリピン人にとっては、昔から食べてきた故郷の味です。
小さい頃から屋台で食べつけてきた味なので、日本にいるフィリピンの方にお出ししたら、きっと懐かしさを感じてくれるでしょう。
簡単に調理できるので、料理用バナナを見かけたらぜひ作ってみましょう。