1. =33
  2. =33
  3. チャプスイ

チャプスイ

デザート

フィリピン風の八宝菜?チャプスイ

 

フィリピン料理というと辛い?というイメージを持つ方もいますが、実は日本人の味覚にとてもあっている料理が多いのです。
フィリピン料理というとなじみがありませんが、屋台では日本と似たような食べ物があったり、食べてみると昔食べたようななつかしい味のお料理も少なくありません。

ハロハロなどは現代の若い人が大好きな冷たいスイーツですが、これもフィリピンのソウルフードといえるスイーツで、小さい頃から多くのフィリピン人が食べつけてきたスイーツです。
今回紹介するのはチャプスイと呼ばれる食べ物です。
お肉に野菜、取りのレバーなどが入った栄養たっぷりの炒め物ですが、見た感じ、八宝菜とよく似ています。

フィリピンは色々な国の植民地だったという背景があるので、様々な料理文化が混ざっているところが特徴的です。
日本人が懐かしいと感じる食べ物が多いのも、フィリピンが日本の植民地だったという時代があるからかもしれません。

チャプスイとは中華料理のアレンジ版

チャプスイという名前自体が、中華というイメージがあります。
豚肉や鶏肉、野菜類を炒めてスープを加えて煮た後、片栗粉でとろみをつける、それをそのまま頂く事もあるし、白飯や中華めんにかけていただくこともある、と説明されています。
チャプスイという名前は広東語のようですが、アメリカ風にアレンジされているのが、フィリピンらしいイメージです。
実はこのチャプスイ、沖縄の大衆食堂ではかなりポピュラーな食べ物といわれています。

屋台でも頂ける料理ですが、フィリピンの家庭料理として知られています。
スペインの植民地支配の後、フィリピンはアメリカの植民地として支配を受けていた時代があります。
その時期にこの料理が定着したのでしょう。

チャプスイの材料

野菜はあるものなんでもいいのですが、白菜、ニンジン、ヤングコーン、玉ねぎにピーマンなど、炒めものに適した野菜を用意します。
豚肉、取りのレバー(水洗いして大きさをそろえて塩コショウ)、さらにシーフードミックスがあれば便利です。
ウズラの卵も別鍋でゆでて殻をむいておきます。

調味料は合わせておきます。
中か味の素、しょうゆ、砂糖、各大匙1と1/2です。
塩小さじ1、さらに水250cc、これをすべて合わせておきます。
粗挽きこしょうと片栗粉も準備します。

チャプスイを作ってみよう

フライパンにサラダ油を入れて熱し、にんにくで香りを付けたら豚肉、玉ねぎを炒めます。
シーフードミックスを入れて、ピーマン、ニンジンなどの碑の通りにくい物から順番に野菜を入れて、こしょうをふって炒めます。

50cc位の水を入れていったん蓋をします。
しばらくしたら合わせ調味料、鶏レバーを入れて炒めます。
最後に片栗粉を水で溶いたものを少しずつ入れてとろみをつけます。
お皿に盛りつける際、ウズラの卵をいれて出来上がりです。
ご飯にかけてもよし、麺にかけてもおいしいです。