1. =33
  2. =33
  3. ハロハロ

ハロハロ

ハロハロ

暑くなってくると食べたくなるのがハロハロ

ハロハロ

日差しが強くなりだんだんと暑くなってくると欲しくなるのがハロハロ、フィリピンの冷たいスイーツです。
フィリピンは1年中気温が高い、また湿度も非常に高く、気温以上の暑さを感じる国です。
そんな暑い国で作られたのが、ハロハロ、ココナッツを原料にして作られたナタデココが入ったおいしく甘いスイーツです。

ハロというのはフィリピンのタガログ語で「混ぜる」という意味を持っています。
ハロハロにはさまざまな材料が混ざっていますが、その材料を混ぜていただくという事で、ハロハロといわれています。

フィリピンの歴史を感じる食べ物

フィリピンはかつて、スペインやアメリカ、日本など諸外国の植民地とされていた時代があります。
植民地とされていた国の影響を受け、その国の文化とフィリピン独自の文化が混ざり合い、その後、独自の進化を遂げてきた国です。
色々な材料を混ぜるというハロハロは、フィリピンが様々な国の文化が混ざり合った国という事をイメージづける食べ物ともいえます。

日本で頂くハロハロは、日本風にアレンジされていて、かき氷的なイメージです。
フィリピンのハロハロは、かき氷の上にウベアイス(紫のアイス)、バニラアイスが乗っていて小豆のような甘い豆、タピオカ、ナタデココ、マンゴー、レッチェフラン(プリンのようなもの)、さらにウベジャム、ココナッツミルク、ジャンクフルーツなど盛りだくさんです。

お店によって入れる材料に違いがあるのも楽しいです。
フルーツも一杯入っているので、結構お腹に溜まります。
ナタデココやタピオカなどの食物繊維の多い食品も入っているので、お腹持ちがいいのかもしれません。

ジューシーな南国のフルーツ、ナタデココの触感、タピオカが喉をすっと通っていく感じ、甘い豆がアクセントになっていて、スッキリいただけます。
かなり量が多いと感じますが、ぺロっと食べてしまうのも、色々な具材が利用されていて飽きのこない味になっているからでしょう。

現地で頂くとまた格別

フィリピンの町の中には、たくさんのハロハロのお店がありますし、屋台などでも売られています。
日本ではどこでも食べられるという事はありませんが、フィリピンはどこに行ってもこのハロハロがあり、その地域で具材が違います。
地域によって入っているものも違いがあるので、各場所で頂いてみるのもいいでしょう。

味の違いが顕著に感じられて楽しめます。
日本でも夏になるとハロハロが大人気ですが、フィリピンは1年中ハロハロを楽しめます。
フィリピンの高級ホテルでも、ハロハロがあり、セレブに大人気という事です。
高級店ではココナッツの器にハロハロが入って出てくることもあるので、雰囲気抜群です。