フィリピンの気候

気候
フィリピンについて

南北に細長いフィリピンの気候

フィリピンといえば、日本のような島国です。
国土は南北に細長く、さまざまな島で成り立っているところが特徴といえるでしょう。
年中暖かなフィリピンではありますが、南北に細長くなっているため、気候は微妙に異なってきます。

フィリピン全他の気候は、熱帯性気候に属します。
年間の平均気温は26度から27度ですので、女性でも長袖を着ると暑く感じるほどです。
湿度もあることから、風通しのいい服装を考えなければいけません。

一応、3つの季節に分けることができると考えられており、3月から5月は乾季で乾燥しています。
だからといって、寒かったりするわけではなく、暑いけど乾燥している過ごしやすい季節になっているのです。

6月から11月は長い雨期で、毎日振り続けることはありませんが、午後になるとスコールが来るようになります。
ただし、ちょっと雨が降るという程度ではありません。
いきなり、道路が川になってしまうほど降ることがありますので、女性は濡れないようにしておかないと、着替えなければいられないほどびしょ濡れになってしまうのです。

11月から2月は、乾季の中でも涼しい季節になります。
現地ではクールドライとも言われる季節で、気温も若干下がってくるのです。
好き好きはありますが、こちらのほうがいいという人も多いでしょう。

こうした季節分けも、南部にあるセブなどでは区別することができなくなります。
年間通じて同じような季節感になりますので、観光には適しているといえるでしょう。
ですが、逆に夕方には常にスコールが来る可能性もありますので、雨対策を考えておくことも必要になるのです。

現地の人は慣れっこですので、雨をあまり気にしたりもしませんが、日本人にとっては驚異的な量になりますよ。

全然違う台風の被害

フィリピンの気候で忘れてはいけないのが台風です。
9月から10月は特に大当たりになるシーズンで、災害にまで発展してしまうこともあります。

この台風シーズンになると、フィリピンが細長い国だということがわかるようになるのです。
それが、マニラのあるルソン島と、セブやミンダナオなどの南部の違いでしょう。

ルソン島には、とにかく台風がぶつかります。
フィリピンの台風災害というと、全土にわたって被害が出ていそうに見えますが、ほとんどはルソン島の被害なのです。

これが、セブやミンダナオに行くと、ほとんど被害がなかったりします。
それだけ細長いからなのですが、語学留学にきている人などでは、何がそんなにひどかったのだろうと思うほど、被害に差がつくのです。

一年中通じて、どこでも日本の夏の装いでいられるのがフィリピンだといえるでしょう。
ですが、場所によってはびっくりするほど冷房がかかっていますので、女性なら羽織物の1枚は持っていたほうがいいですね。

お金
フィリピンについて
フィリピンの物価

フィリピンの物価 フィリピンで暮らすということを考えると、物価も気になる点でしょう。 お金が必要なの …

路地
フィリピンについて
フィリピンの治安

治安は日本と比べない 治安ということを考える場合、日本は別格だということを念頭に置かなければいけない …

イメージ
フィリピンについて
フィリピン人の人柄

フィリピン人がもつ独特の気質 フィリピン人というと、明るくて人懐っこく世話好きだといわれます。 日本 …