フィリピン留学の流れ

飛行機
フィリピン留学

フィリピンに留学したいなら

フィリピンというと、あまり英語との関連に気が付かない人も多いかもしれません。
ですが、アメリカ統治下の歴史があり、英語は一般的になっているのです。
公用語としても指定されており、かなりきれいな英語を話すことで知られています。

物価の安さも伴い、留学先として考える人もたくさんいるのです。
特にセブは有名で、韓国などからも多くの人が集まってきます。

とにかく濃い情報を集める

フィリピンに語学留学したいのであれば、まずはパスポートだけでも作っておきましょう。
観光地であるセブがターゲットとなるため、一番いい時期を考えるとかなり混雑してしまいます。

次に、できるだけ多くの情報を集めてみてください。
できるだけ細かく知っておくことが大切なのは、セブも日本ではないからです。
徹底的に良いことも悪いことも知っておくと、あとで失敗することも少なくなります。

情報を集めると、大体どんなところが留学を行っているかもわかるようになってきているでしょう。
どう見ても都合がいいことしか書いていないところも、情報を持つことで判別できるようになってきます。
つまり、それだけ噛み砕ける時間がなければいけないのです。

目星をつけたら、エージェントと交渉を始めましょう。
この時にも、集めた情報が知識となり、話もできるようになるはずです。
疑問点もどんどんぶつけ、何か違和感を覚えたら確認をするということを繰り返しておきます。

エージェントは自分の味方でもありますし、フィリピンで身を守るために絶対に必要になるでしょう。
忘れてはいけないのは、フィリピンは日本ではないのですから、詳しい知識を持った味方を作ることになるのです。

エージェントを最大限活用する

行くことを決めたのであれば、申し込みをすることになります。
自分で行うこともできますが、これは簡単なことではないでしょう。
英語が話せるのであればいいのですが、実際に留学しに行くのですから、そこまで堪能であるとは思えません。

そこで、エージェントをうまく活用し、代行してもらうことが大切です。
有料というところもありますが、ほとんどのところでは、手数料は取らないことも覚えておきましょう。
ただし、チケットや海外保険の手配など、自分でやらなければいけないこともありますので、確認しておくことが大切です。

ビザは、フィリピンへの留学の場合には、空港で発給されます。

日本でできることは日本で

準備として、忘れてはいけないのは、文法だけは覚えておくことです。
何もかも現地で覚えられるわけではありません。

フィリピンは、フィリピン語であるタガログ語と英語で会話します。
日本語で会話が通じるわけではありません。
文法は日本でも英会話スクールなどで勉強することができるのですから、基礎になる力はつけておくことが、効率よく進めるコツになるのです。

フィリピンでは、日本でできないことを学びに行くということを覚えておきましょう。
英語を聞き、英語を話す、この日常の繰り返しで力を養っていくのですから、文法に時間を取られたりしないように考えることが大切なのです。

文房具
フィリピン留学
マンツーマンのレッスンが魅力的!

魅力あふれるフィリピンの語学留学 フィリピンに語学留学。 響きは確かにいいものですよね。 勉強するた …

留学費用
フィリピン留学
フィリピンの留学費用について

フィリピンに留学したい 留学というとかなりお高いイメージがありますが、フィリピン留学は留学の中でも安 …

フィリピン女性の画像
フィリピン留学
留学に来る日本人が多い!

フィリピンを留学先とする意味 日本を離れフィリピンに住んでみるとわかりますが、日本人を見かけることは …