ナタ・デ・ココ

ナタデココ
フィリピン料理

つるっとコリコリがおいしいナタデココ

つるんとした感触、でも噛むとコリコリしたイメージがある、ナタデココは日本に登場して依頼、特に冷たいデザートなどとして人気があります。
でもこのナタデココ、どのようにしてできているのか、またどんなものからできているのか、知らないという方が多いのです。
ナタデココが好きという方、毎日でも食べたいという方など、ナタデココファンの方は、ナタデココがどのようにして作られるのか、知っておくといいでしょう。

 

ココナッツがナタデココの原料

ナタデココはどこで生まれたのかというと、フィリピンです。
すでに100年以上の歴史がある、フィリピンではなじみの深い食べ物です。
みつまめのようなデザートして日本でも人気のハロハロは、フィリピンのスイーツですが、このハロハロにナタデココがよく利用されています。

みつまめに利用される寒天は柔らかいイメージですが、ナタデココは同じような見た目でも、噛むとこりっとした歯ごたえがあります。
寒天とは原料が全く違うのです。

1992年頃、フィリピンからナタデココが日本にもやってきます。
デザートで楽しめる新触感のナタデココは一躍、若い女性の人気商品となりました。

でも何からできているのかというと、ナタデココはココナッツから作られるのです。
ココナッツの皮は固く、その中にトロッとした果肉と液状のココナッツ水が満たされています。
ここに水、砂糖を加えてアトセトバクター・キシリナムという酢酸菌を咥えると発酵します。

表面に膜が張ってきたら15mmほどの厚さになるまち、取りだしたものがナタデココになります。
この膜を食べやすい大きさに切って、酸を抜き甘いシロップなどに付けたものが、日本で食べられているナタデココです。
ナタデココという名称は、スペイン語で液状に浮いている上皮という意味の「ナタ」、「デ」は英語のofと同じ意味で、さらにココナッツの「ココ」をあわせてナタデココという名前になりました。

実は健康に役立つ優れもの

ナタデココは酢酸菌が作用する事で生まれる発酵食品であるとともに、酢酸菌「アセトバクター・キシリナム」が作り出す食物繊維から構成されています。
この食物繊維は微生物セルロースと呼ばれるもので、野菜などから取れる食物繊維の植物セルロールと比較して、非常に細かい網目状になっていることがわかります。
ナタデココの研究によってナタデココ特有の微生物セルロースには、植物セルロースにはない働きがあるという事もわかってきています。

ナタデココはスイーツでおいしく頂ける食品というだけではなく、実は人の健康に役立つ食品という事もいえます。
食物繊維をたくさん摂取する事で、コレステロール値の改善、また肥満の改善にもつながります。

野菜
フィリピン料理
カレカレ

フィリピンの代表的料理「カレカレ」 フィリピンの代表的な料理というと、アドボという料理、またシニガン …

卵
フィリピン料理
バロット

フィリピンの名物料理「バロット」 日本の方もフィリピンへ旅行された事がある方々の中に、バロットを経験 …

デザート
フィリピン料理
チャプスイ

フィリピン風の八宝菜?チャプスイ   フィリピン料理というと辛い?というイメージを持つ方も …