シニガン

調理器具
フィリピン料理

フィリピンの国民的料理であるシニガン

フィリピンには、定番と呼ばれる料理もいっぱいあります。
その中でもシニガンは、酸味の利いたスープで、フィリピン料理の定番であり国民的な料理になっているのです。

フィリピン料理の場合、いろいろなバリエーションが出てきます。
入るものによって大きく変わって育成ですが、シニガンも例外ではありません。
酸味の効いたスープではありますが、材料によって結構な違いがあります。

ですが、ひとつ入れなければいけないのが、タマリンドなのです。
これが酸味の秘訣で、シニガンの味となっているのですが、日本ではあまりなじみのないものかもしれませんね。

決め手になるのはタマリンド

タマリンドは、アフリカの熱帯が原産の植物です。
かなり大きくなるのですが、長い楕円形の葉っぱが特徴で、黄色い花が咲きます。
オレンジや赤い筋が入るので、すく見分けがつくでしょう。

好みを使うのですが、見た目はなんだかグロテスクです。
ですが、中の種の周りにある果実が柔らかくて酸味があります。
これを調味料として使うのですが、清涼飲料水にしてあるものや、ピクルスまであったりするのです。

とても利用範囲の多い実で、ドライフルーツとしても売っています。
インド料理やタイ料理でもよく使われていますが、日本ではあまり見かけることはないかもしれません。
ベトナム料理の甘酸っぱさにもなくてはならないものだったりするのです。

ちょっと迷信じみてはいますが、マラリアに効果があるとして、お茶にして飲まれることも多いのです。
マラリアにどこまで効果があるかは知りませんが、健康にはいいと思います。

スープをすわせてからかき混ぜて

シニガンは、さまざまな野菜を入れて煮込みながら、タマリンドと生姜で味付けをしていきます。
基本の味となるのは塩コショウとナンプラーで、タマリンドが決め手になりますが、日本で作るのであれば、梅干しでもいいでしょう。

食べ方は、スープをご飯にかけてから、具を取り出してかき混ぜるのがフィリピンの食べ方です。
あまり行儀はよさそうに見えませんが、スープのおいしさをすわせてから混ぜることで、本当においしく食べることができます。
ほかにもいろいろな汁ものがフィリピン料理にはありますが、そのどれもが混ぜて食べますので、レストランなどでもあまり気にせず食べることができるのです。

野菜
フィリピン料理
カレカレ

フィリピンの代表的料理「カレカレ」 フィリピンの代表的な料理というと、アドボという料理、またシニガン …

卵
フィリピン料理
バロット

フィリピンの名物料理「バロット」 日本の方もフィリピンへ旅行された事がある方々の中に、バロットを経験 …

デザート
フィリピン料理
チャプスイ

フィリピン風の八宝菜?チャプスイ   フィリピン料理というと辛い?というイメージを持つ方も …